高質のエクストラバージン オリーブオイルをどのように
見分けることができるでしょうか?

もしあなたはオリーブオイルテイスティング専門家や実験室研究者でない場合、味わうオイルは天然エクストラバージンオリーブオイルかどうかを見分けることが難しいかもしれません。

官能的に;

もし嗅いだオイルの香りは剪定されたばかりの草、緑アーモンド、アーモンド、青りんご、トマトの緑枝、バナナの緑色の皮、チョウセンアザミ、グリーンピースあるいは香水に似ており、そしてこの香りはあなたに気に入り刺激臭にならない場合、それが天然エクストラバージンオリーブオイルでしょう。

もしオイルを一口味わう際に舌と口蓋へ移した後にアーモンド、未熟の緑色のオリーブもしくはりんごの種の酸味と苦味を舌の外側部位で感じ;

ブラックペパーの苦味のような熱感を喉の中で感じその苦味は消化管まで移動しない場合、あなたに適切なエクストラバージンオリーブオイルが見つかったでしょう。

しかし;

もし購入された商品の悪臭が気になっている場合;

もしオリーブオイルを一口飲んでみた後にそれが甘すぎたり苦すぎたりした場合(あなたが味わう苦味は木から直接採った緑色のオリーブあるいはアーモンドやアンズの種の苦味に似ているはずです);

もし消化管を通す熱感と食事後に心窩部不快感があった場合、購入された商品はエクストラバージンオリーブオイルではない可能性が高いです

このように不審な商品を食品安全の範囲内でフードライン(174)を通じて報告できます。天然エクストラバージンオリーブオイルという名称は食品規格基準に準拠するオリーブの実から作られたオイルの化学的・官能的値に関係しています。砕石機やグラインダー、袋から漏れることもしくはプレス機から滑り落ちることのような加工法に関わる機会と事象はエクストラバージンオリーブオイルである性質を影響しません。オイルの色を見ることによってその品質を決定することは不可能です。

もし購入された天然エクストラバージンオリーブオイルが化学的・官能的分析に合格し、あなたの口蓋に喜びをもたらす場合、あなたに一番適切なオリーブオイルが見つかったでしょう。

Serdar Öçten ÜNSAL