エクストラバージンオリーブオイルを購入する際に何を考慮すべきでしょうか、 そして購入後にどのように保管すべきでしょうか?

1-購入されるべき商品は必ず暗色のグラスボトルに収容されています。透明なグラスボトルと特にプラスチックボトルは避けるべきです。最近の研究によるとエクストラバージンオリーブオイルはプラスチックボトルに含まれている化学物質を分解するため、これらの化学物質がエクストラバージンオリーブオイルの中に入り人に健康被害をもたらします。更に、透明なグラスボトルを通す光はエクストラバージンオリーブオイルの中のクロロフィルを分解しオイルを消費に不適切にします。

2- 購入される商品のボトルキャップが密封され適切に閉められていることに注意し、コルク栓のボトルは避けてください。コルク栓のボトルは空気を中に入れ、エクストラバージンオリーブオイルを酸化させます。

3-購入される商品をオイルの色で判断しないでください。オイルの色は品質の決定要因にならないのみならず、オイルの中で溶けやすいクロロフィルや食品着色料は判断を誤らせる可能性があります。

4- 商店の直射日光に晒される棚に置かれている商品を選ばないでください。日光に晒されたエクストラバージンオリーブオイルは短時間で酸化し消費に不適切になるとともに悪臭にもなりやすいです。

5- ラベルを読まずに商品を購入しないでください。ラベルの中でもエクストラバージンオリーブオイルの生産あるいは収穫の年度、充填の日付、消費期限、地理的表示、オリーブの種類と地域に注意してください。

6- エクストラバージンオリーブオイルは新鮮である間に消費すべきことも忘れないでください。消費期限を過ぎると消費に不適切になり絶品さと健康的なフェノール類成分が失われます。収穫期間ごとに新しいエクストラバージンオリーブオイルを購入してください。一種のエクストラバージンオリーブオイルは特別な保管状況でもポジティブな特性を失う可能性があります。

7-エクストラバージンオリーブオイルはプラス4摂氏度以下で凍る可能性があります。数種類のエクストラバージンオリーブオイルは異なるフェノール類成分のためにもっと寒い状況でも凍りませんが、エクストラバージンオリーブオイルの凍結特性は純度基準として認められていません。

8-購入される商品の容器をあなたの消費量に合わせて選択してください。もし短期間で消費できない場合、小型ボトル(250 ml 500 ml 750 ml 1000 ml)を選択してください。価格が低いだけのために5 lt容器を購入しないでください。大型容器を使う場合、オリーブオイルがより滑らかに流れるようにブリキ容器に二つ目の穴を開けないでください。それよりも1 lt暗色のグラスボトルを5個使ったほうが効果的でしょう。

9- 購入された商品を暗く涼しく湿度が低い環境で保管してください。キッチンのカウンター下収納のようにソープ、洗剤などの近くに置かないでください。エクストラバージンオリーブオイルは短時間で臭気を吸収します。保存温度は18-22摂氏度の間に保持すべきです。

10- 購入される商品のラベルと包装を確認してください。穴の開いたり漏れていたりする包装の商品を購入しないでください。

11- 数年前から濾過されていないエクストラバージンオリーブオイルが包装される場合もあることは明らかになりました。オリーブの小片を含んだ濾過されていないエクストラバージンオリーブオイルはより短時間で消費に不適切になります。これらの小片はオリーブの果肉、残留水と壁孔を含みます。残留水は酸素すなわち空気を包含しているために、混合物において発酵過程を開始させ悪臭とオリーブオイルのエクストラバージン特徴を失うことを引き起こします。

12-エクストラバージンオリーブオイルに被害をもたらす成分は次の通りです;

A–
B– 空気
C–温度
D–水分もしくは湿気

購入された商品を上述した成分を避けて消費してください。

13- 購入された商品を分類してください。サラダ、食事、デザートとペストリー類のそれぞれに別の地域で作られたエクストラバージンオリーブオイルを入れることができます。エクストラバージンオリーブオイルを未調理のままで消費することが特に勧められます。たとえばサラダ、ケーキ、ペストリー類と付け合せ料理用に北エーゲ海産のエクストラバージンオリーブオイルを、軽オリーブオイル料理用に南エーゲ海、地中海そして東南アナトリア産のオイルを使うことが適切でしょう。また、揚げ物用にもエクストラバージンオリーブオイルが好ましいでしょう。

14- エクストラバージンオリーブオイルは非常に新鮮でフルーティーなフレーバーを持ちます。一般的に思われていることと違い、純粋なエクストラバージンオリーブオイルで準備された料理は脂っこくなく悪臭も伴いません。酸敗もしくは沈降し、不純物に混じったオイルだけは料理に強烈な悪臭をもたらします。

15- 食事の調理を始めるときにスプーン一杯のオリーブオイルを使い、調理し終わった後にストーブから料理を外し冷えさせてください。少しぬるくなってから再びエクストラバージンオリーブオイルを入れます。この方法で特にブドウの葉の詰め物や野菜料理は味がよりおいしくなります。

16- ブランドとラベルの付いた商品は定期的に農漁食糧省の食糧管理法研究室によって統制され分析されています。商品が消費に不適切であった場合、これらの組織に問い合わせてください。

17- 他方で道端やバザーで、あるいは村に住んでいる親戚によって提供されるプラスチックボトルのオリーブオイルを避けてください。このようなオリーブオイル商品は統制されておらず、衛生的ではない容器に充填された無名の商品に直面し問い合わせができる責任者は見つからない可能性があります。

Serdar Öçten ÜNSAL